ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

ちんぷんかん/畠中恵

評価:
畠中 恵
新潮社
¥ 540
(2009-11-28)
ほんわりと...
「散ればこそいとど桜はめでたけれ 憂き世になにか久しかるべき」
流れゆくときの中で

しゃばけシリーズ第六弾「ちんぷんかん」ようやくの文庫化ですが、読了したのは1月頃だったような。。しゃばけ映画化の際に発売された「しゃばけ読本」にて、長崎屋の“火事”についてはネタバレされていましたが、これがそうだったか。「鬼と小鬼」「ちんぷんかん」「男ぶり」「今昔」「はるがいくよ」の5話が収録された短編集です。
もっとも印象的だった作品が第一話の「鬼と小鬼」、ひょんな事から三途の川の畔まで来てしまった一太郎。そこから何とかして現世に戻らなければならないが・・。賽の河原はどう描かれているのか、一太郎がどうやって現世に戻ってくるのかなど設定だけでも興味がひかれます。これ、長編で読みたいわ。

その他、妖退治で高名な坊主・寛朝の弟子となった英秋の話「ちんぷんかん」、母・おたえの恋バナ「男ぶり」、陰陽師に命を狙われる若旦那の話「今昔」、長崎屋の離れに突如あらわれた赤子の話「はるがいくよ」、どれも読み応え十分。全般的に兄の嫁取りの話が根底に流れています。それも気になるところ。短編が幾つか続き、最後には若旦那が自分の不甲斐なさと将来を憂い切なく終わるパターンが続いていますが、それがウリにもなってきていますが、派手な長編だったり、明るい物語も多く読みたいですね。ハードカバーの情報は一切知らないんですが、次こそ長編か?そろそろ長編読みたいわー。

JUGEMテーマ:読書
2010.04.07 Wednesday 17:52 | posted by ソラチ
・ 畠中恵 | permalink | comments(5) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2010.04.07 Wednesday 17:52 | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -
<< 夢見る黄金地球儀/海堂尊 | main |
Comments
あ〜ホームズそうだったんですね〜 見ようと思ってたけど、どうしよう... どう考えてもアドベンチャーの種類が違よなって...本の感想がなくてすいません ソラチさん
2010/04/14(Wed) posted by きりり
きりりさん

お久しぶりです。ホームズは予想していたよりショックじゃなかったのです。あまりにも違ったからかもしれません。CMでもありましたけど、爆破アクションとか、ジャッキー・チェンの映画で見るようなアクションなどあって、本当にホームズでなければもっと楽しめると思うんですが。。。
2010/04/14(Wed) posted by ソラチ
 ご無沙汰しております。
 この作品もいい味出していますねぇ。同一作者の「まんまこと」というのも最近読みましたが、かなり安定していて安心できる作家さんになってきました。
 ホームズ、、僕も見て来ましたよ。
 あれはあれで、ホームズだけれどホームズでないものとして楽しむのがいいですね^^
2010/04/15(Thu) posted by 樽井
はじめまして!
最近、偶然こちらのブログを発見し、
ソラチさんの読まれている本がどれもおもしろそうで、
勝手に次に読む本の参考にさせていただいております!
ソラチさんの書評すごく好きなので
ぜひまたブログ更新してもらえたら…
と思ってコメントしてみました。
生意気言ってすみません。
勝手に気長に待たせていただきます!
ちなみに私も森博嗣、京極夏彦、乙一、オノナツメすごく好きです。
ソラチさんの書評で気になった島田荘司と横山秀夫はこれから読んでみたいと思います&#8252;
2013/10/05(Sat) posted by mame
随分古いけど、面白いよ。
2015/01/24(Sat) posted by kuaican








Trackbacks
http://lovetom.jugem.jp/trackback/511
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2011/08/15 1:39 PM |
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)