ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

夢見る黄金地球儀/海堂尊

評価:
海堂 尊
東京創元社
¥ 672
(2009-10-30)
軽妙なコンゲーム。
楽しいが緊迫感はない。
医学ミステリーから離れた海堂尊

これも読んだのはお正月くらい。どれだけ前ですか。。。レビューって読了直後が一番間違いのない感想があるのに、その印象すら忘れたのがもったいない。。ただ再読するにはどうだろう。。

舞台は、「ふるさと創生一億円」を黄金地球儀へと変えた桜宮市。家族経営の平沼鉄工所に勤める平介は、友人から黄金地球儀の強奪計画を持ちかけられる。その計画に乗ることとなった時を同じくして、桜宮市より黄金地球儀の警護を依頼される。警護の契約は既に所長である父が交わしており、その内容は、黄金地球儀が盗まれた場合のリスクはすべて平沼鉄工所が保障するというアリエナイものだった。


黄金地球儀強奪計画が成功したらその保障を自分がしなければならない、そんな矛盾した状況を突きつけられた平介にさらに過酷な現実が襲いますが、この苦境をどう打開するのかが一番の見どころ。エンタメとしてはなかなか楽しめます。所長である父が製作した数々の意味のない発明品に加え、どこか抜けているが憎めない友人・ガラスのジョー、計画を保障する4Sエージェンシー、謎の怪力バーテンダーと登場するキャラクターも魅力的。何よりこの複雑な事態をどう収めるのか。このテのクライム・コメディには大団円が待っているはずだ、という鉄則を持ってラストシーンにのぞむのも良し。万一、今後映像化したとしても悪くないかもしれません。

JUGEMテーマ:読書


2010.04.07 Wednesday 17:20 | posted by ソラチ
・ 海堂尊 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2010.04.07 Wednesday 17:20 | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -
<< 孤宿の人/宮部みゆき | main | ちんぷんかん/畠中恵 >>
Comments
はじめましてこんばんは。
海堂尊…。最初のチーム・バチスタで読むタイミングを逸した後、意地になって読んでない(笑)
でも文庫の表紙が目をひくのと、見るたびに新刊が出ているのとで、気になってしようがないです。粗筋を見る限り…なんかどエライエンタメのようですね(笑)シリーズがたまったら、まとめて一気読みしようかな。
ソラチって、空知ですか?
2010/04/08(Thu) posted by 希世
はじめまして。

バチスタのシリーズは、本当にオススメですよー。
バチスタは医療ミステリというよりは、エンタメです。読むものがない時に是非どうぞ。

HNは出身地からです。だから、空知ですね。漢字の方が好きなんですが、某漫画家先生とは一切関係がないので、カタカナでした。
2010/04/10(Sat) posted by ソラチ
なるほど。そんな地名があるんですね。バチスタ、読んでみます。
2010/04/13(Tue) posted by 希世








Trackbacks
http://lovetom.jugem.jp/trackback/510
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)