ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

桜宵/北森鴻

評価:
北森 鴻
講談社
¥ 560
(2006-04-14)
こんなお店があったなら!!
メニューリストが見たい
また嫌な話

↑アマゾンレビューの「また嫌な話」というのがよくわからない。これもかなり前に読了した気が。。8月後半ですねー。

その店ではつい、心のうちや抱えている問題を打ち明けたくなる。三軒茶屋にあるビアバー“香菜里屋”にやってくる客が、マスターに持ちかける謎をスイスイと解き明かすシリーズ第二弾。


持ちかけられる謎は必ずしも気持ちの良い結末を迎えるわけではない。そんな切ない結末をそっと癒してくれるような都合の良いビアバーですよ。人の嫌な部分を書いた作品も幾つかありましたので、決してアップ系だったり癒し系の作品集ではない。5つの短編が収録されていますが、表題作「桜宵」が印象的。

今回新たに登場したのがプロフェッショナル・バー香月のマスター。謎の主人公、マスターの工藤について古くから知っているっぽい要素をチラつかせて登場。気になるじゃないですか。

JUGEMテーマ:ミステリ
2009.09.04 Friday 14:27 | posted by ソラチ
・ 北森鴻 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2010.04.07 Wednesday 14:27 | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -
<< メイン・ディッシュ/北森鴻 | main | B・B Photo Book RUN >>
Comments
 祭りが続いていますねぇ。
 これも、面白いシリーズですよね。マスターの彼の名推理と美味しそうな料理、そしてほっとする雰囲気。ラストの「香菜里屋を知っていますか」まで一気で読んで下さい。
 待ちきれずに自分は最終巻だけハードカバーで買っちゃいましたよ。
2009/09/05(Sat) posted by 樽井
樽井さん

おはようございます!!
北森鴻ハマっていまして、なかなか祭りが終わりません。それもどうかと思い、違う本も読み始めては居ますが、やっぱりハズレのない北森鴻に戻ってしまうんですよう。

このシリーズ、ラストがあるんですね!!それに驚きでした。「香菜里屋を知っていますか」は当然未読です。まだまだ続くシリーズだと思っていたのでショックですけれど、まあ、他シリーズとのリンクも多いので、結末はわからないのですが、悲観しなくて良いのかしら。
2009/09/09(Wed) posted by ソラチ








Trackbacks
http://lovetom.jugem.jp/trackback/499
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)