ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

愚者と愚者 (下) ジェンダー・ファッカー・シスターズ/打海文三

評価:
打海 文三
角川グループパブリッシング
¥ 620
(2008-06-25)

シリーズ最後の作品になるのかな?表紙のイラストはキュートだけれど、椿子のイメージとは違うかも。むしろ海人の妹の恵っぽい。

“我らの祖国”が、武装した少女たちを一掃し始める。その矢面に立たされたパンプキン・ガールズだが、内部では、傍から見ればくだらない、しかし大きなトラブルが発生していた。パンプキン・ガールズのメンバー中に男がいたのだ。デタラメな人生を楽しむ椿子と少女たちの物語。
海人視点の上巻と異なり、マフィアという性格上、軍のような大規模な戦闘や動きはないが、街の利権や自分達の居場所を脅かすもの、具体的には女嫌いの“黒い旅団”、男性至上主義の“我らの祖国”との小競り合いから大きな衝突などがメイン。物語内のトラブルも、痴話喧嘩レベルのものが多く、その落差が面白い。

情勢は、性差別、男女差別、人種差別にまみれ、女性が解雇されたり、不当に連行されたり、処刑されたりと弾圧が始まる。それにどうやって少女たちが対抗するのか、中盤まではパンプキン・ガールズの動きが主に書かれているが、後半は、常陸軍と共に黒い旅団を叩くための作戦を中心。特に、イリイチの部隊が動いてからの常陸軍と黒い旅団との戦いは目が離せない。

椿子視点の物語だが、決して椿子だけをクローズアップしているわけではなく、彼女の周囲にいるアイコだったりビリィだったりミチカだったり死体屋だったり、奔放に生きる少女たちが描かれていて素敵。縦社会に生きる海人と近い場所にいるはずなのに、全く違う。愚直で誠実な少年とデタラメで何モノにも囚われない椿子、両極端な二人の行き方は、時代を無視しても、美しい。このシリーズを最後まで読みたかったなあ。

JUGEMテーマ:Book review
2009.07.15 Wednesday 16:33 | posted by ソラチ
・ 打海文三 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2010.04.07 Wednesday 16:33 | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -
<< 愚者と愚者 (上) 野蛮な飢えた神々の叛乱/打海文三 | main | 蓬莱/今野敏 >>
Comments








Trackbacks
http://lovetom.jugem.jp/trackback/485
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)