ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

鴨川ホルモー/万城目学

評価:
万城目 学
角川グループパブリッシング
¥ 540
(2009-02-25)
実は青春恋愛物語である。
京都という独特の舞台装置がリアリティを与えている。
やはり原作…

その昔、きりりさんのブログでこの作品のレビューを見かけてからというもの、ホルモーって何だ??とずっとずっと気になり続けていた作品がついに文庫化されました!ついでに映画かもされていました!!まずは文庫レビューから。

京大に入学したばかりの安倍は、葵祭りであるサークルに誘われる。そのサークルは一見、コンパやアウトドアなど大学生らしいイベントに溢れたごく普通のサークルに見えた。しかし、半年も過ぎた頃、そのサークルの真実に触れる事になる。
ホルモーって何だ!その好奇心から序盤はどんどん読み進められる。イントロダクションの説明でもホルモーの何たるかは理解できず、結局は、主人公達と一緒のスピードでホルモーの何たるかを知る事になるのだ。その計算し尽されたネタ明かしぶりや隠し方もお見事。

中盤までの印象は、この作家って嘘つきだろうな、とか、小説って全て嘘なんだ、それをどれだけ読者にリアルっぽく見せるかなんだなあとか、とにかくそんな感じ。嘘っぽさが全面に出ていたわけではなく、もっともらしくトンデモ設定を読者に強要してくるある種の傲慢さと、その押し付けられた内容の馬鹿馬鹿しさがおかしく、心地いい。本当に、馬鹿馬鹿しい小説でした。良い意味で。大学生活って何かに思いっきり没頭して時間を費やす事ができれば幸いと思いますが、そんな幸せを体験し、恋や青春もついでに着いてきた、そんな感じの作品でした。これは面白い。

そして、GWに映画版も見てきました。

原作有の映画は、これまでほぼ100%ハズレだろうという、経験と先入観と原作への愛に溢れた目線で見てきたにもかかわらず、これは良かった。もちろん、原作を読んでからの方が楽しめると思いますが、原作を読まないなら映画だけでもかなり面白いだろうな。

とにかく良かったのが主役を演じた山田孝之と、友人を演じた濱田岳。どちらの俳優も実は初めて見たんですが、こんないい役者が居たのか、というくらい良かった。特に主役の山田孝之は、表情、声、面倒くさそうな雰囲気全てが良かった。また、当たり前に凄かったのが荒川良々。作中の四条烏丸交差点の会では、他の大学の代表が、ひと昔前のヤンキーのようなドスの利いた名乗りを上げる中、荒川良々の平坦でフツーな名乗りに爆笑しました。映画館の中でも始終笑い声が聞こえるような環境で、不思議にそれが気にならなくて良かった。まあ、原作と違う部分や、時間の関係で端折られた部分があるのはもちろん残念ですが(特に石橋蓮司の役の重要性が描かれなかった!)、見て楽しい映画でした。

映画も原作も満足です。

JUGEMテーマ:読書
2009.05.04 Monday 16:46 | posted by ソラチ
★ま行の作家 | permalink | comments(4) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2010.04.07 Wednesday 16:46 | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -
<< 沙門空海唐の国にて鬼と宴す〈巻ノ4〉/夢枕獏 | main | 掘割で笑う女−浪人左門あやかし指南/輪渡颯介 >>
Comments
え〜山田孝之知らなかったですか!それにビックリ! なんか暗い役とか真面目なイメージなのでホルモーやるの?って思ってたんですが良いみたいですね 荒川良々は楽しみです(笑)
奇想天外なお話なのに、ちょっと昔な学生時代の先輩やら友人やら恋人とかちょっとノスタルジー入ってて面白い本ですよね 映画見てきます
2009/05/05(Tue) posted by きりり
暗い役が多い人なんですか(笑)ドラマ見ないので、最近の俳優さんは全然知らないのです。多分、情報番組や番宣では見てると思うんですが<山田孝之
ただ、本当にいい俳優でした。原作とは別モノとして見れたので良かったのかも。
2009/05/09(Sat) posted by ソラチ
 自分も山田孝之が誰かわかってなかった口でした。
 芸能界に疎いものです^^
右上の気になる文庫にでている「深淵のガランス」面白かったというか格好良くてドキドキの一冊でしたよ。
2009/05/14(Thu) posted by 樽井
北森鴻のハードボイルド系の作品は大好きなので嬉しいですね。今読んでいる作品が長編なので「深淵のガランス」は来週中くらいには手に取ってそうです。
2009/05/17(Sun) posted by ソラチ








Trackbacks
http://lovetom.jugem.jp/trackback/461
万城目学「鴨川ホルモー」
葵祭りのバイトの帰り道に、京大青竜会と言う得体の知れないサークルに勧誘された阿部と高村 新人歓迎コンパで食いつないでいた阿部は、そこで出会った女性の鼻にひとめ惚れしサークルに入会 ま〜はじめは、楽しそうなイベント系なサークルだったのが、祇園宵山に現れ
| 聞いてあげるよ君の話を | 2009/05/05 1:20 AM |
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)