ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

まほろ駅前多田便利軒/三浦しをん

評価:
三浦 しをん
文藝春秋
(2009-01-09)
不思議な二人がコンビの連作短編集
近所の書店で衝動買いの一品。表紙が愛用しているタバコだったことと、直木賞受賞作という帯につられて。表紙がコレじゃなかったらきっと手にとっていなかっただろう作品ですし、この作家と出会うこともなかっただろう。

東京の外れにあるまほろ市、その駅前で便利屋を営む多田は、行きがかり上、高校の同級生である行天を拾う事になる。居候の行天とともに便利屋に持ち込まれるトラブルを解決する暖かなミステリ。

―そんなことは自分でやれ、と言いたくなるような依頼のおかげで、便利屋という職業は成り立つ

町の便利屋として地道に働く多田に対し、自由奔放な行天。行くところも住む場所も帰る家もないのに焦らず落ち着いてる行天は、犬にも懐かれ、少女にも好かれ、娼婦にも好まれる。どこまでも自然体な行天の言動に戸惑い苛立ちながらも、肝心なところでガツンと本質を突く行天に多田も読者も魅せられてゆく、そんなお話でした。

物語も、便利屋の日常風景とは別に、行天絡みの非日常とがうまく噛み合っていて飽きずに読める。彼らの過去や、依頼の顛末を気にしつつ、便利屋に持ち込まれる様々な依頼も楽しめる、教訓やテーマ等気にせずに純粋に楽しめる、それこそがエンタメであって、そこが直木賞として評価された点なのだろうと感じます。

私見ですが、直木賞はあくまでエンターテイメントを追求する賞であって欲しいと思っていますが、小説の完成度を問うなら、直前に読んだ恩田陸「象と耳鳴り」の方が私には高いと感じられましたし、エンタメとしてはこの直後に読んだ海堂尊「ジェネラル・ルージュの凱旋」の方がはるかに面白かった。ただ、直木賞にふさわしい作品として、エンタメ度とさらにもうひとつ心に残る何かがあるので、この作品は小振りながらも受賞に値する作品だったと読了後にうっすら思いました。他の二作がふさわしくないというわけでは勿論ないですが。特に「ジェネラル・ルージュの凱旋」は早くも2009年度もベストにランクインしそうなくらいアタリでしたし。

三浦しをんは初めて読んだのですが、なかなかどうして悪くない。特に日常風景の描き方がとても面白く、今作で言えば、常連客である山城町の岡さんのような魅力的な脇キャラも楽しい。少年少女が主役の作品だったら手が出にくいけれど、こういう地に足を着いた頑張る大人を描く作品であれば今後も読みたい。

JUGEMテーマ:読書
2009.02.05 Thursday 22:08 | posted by ソラチ
★ま行の作家 | permalink | comments(4) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

2010.04.07 Wednesday 22:08 | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -
<< 象と耳鳴り/恩田陸 | main | ジェネラル・ルージュの凱旋/海堂尊 >>
Comments
ソラチさん こんにちは
私はこれが二冊目の三浦しをんでした。作品のよって随分と印象の違う作家ですが、どれも面白いです。この作品はざらざらしたような感じがとても良かったです。
2009/02/07(Sat) posted by yori
 こんにちは。
 三浦しをんさん初読みでしたか。この作家さんは本当にいろいろな作風というかジャンルと書き方をもっている方だし、エッセイがとても面白いし(たぶん唖然とすると思いますが)、文庫ももうたっぷりと出ていますので、是非是非何か読む物がないなぁという時に手にとっていただくとよいかと思います。
2009/02/08(Sun) posted by 樽井
yoriさん
こんばんは!この作品は人が面白かったです。日常に付きまとう汚さもしっかり書かれていてリアルですが、前向きな感じもいい。文章も好みでしたので、続けて読みたいですね。衝動買い万歳と久々に思える作品でした。
2009/02/08(Sun) posted by ソラチ
樽井さん
こんばんは!三浦しをんさんは本当に初めて読んだんですが、今時の恋愛だったり私小説だったりそっち方面の作家だと勝手な先入観を持っていて敬遠していたのですが、読んでみると全く違って驚きました。ジャンルも作風も様々との事ですので、紹介文を確認しながら読めそうなジャンルの作品から読んでいこうかと思っています。
2009/02/08(Sun) posted by ソラチ








Trackbacks
http://lovetom.jugem.jp/trackback/438
ざらついた質感
三浦しをんさんの 「風が強く吹いている」読んで、 とても良かったので、 他の作品も読んでみたいと思って、 直木賞受賞作でもある 「まほろ駅前多田便利軒」を読んでみた。 意外だった。 と言っても実は私の誠に勝手な思い込みなのだが、 タイトルと表紙から
| 活字の砂漠で溺れたい | 2009/02/07 3:26 PM |
「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん著 
 三浦しをんさんの文庫最新刊です。  箱根駅伝を描いた「風が強く吹いている」で更に爆発的に知名度をあげた彼女ですのでいまさら紹介をしなくてもいいかと思いますが、彼女は作品や内容によって文章のスタイルががらりと変わる方です。シリアスなタッチから軽妙なも
| 樽井さんの読書&電化よもやま日記 | 2009/02/08 9:15 AM |
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)