ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

魔王/伊坂幸太郎

評価:
伊坂 幸太郎
講談社
(2008-09-12)
長い長い予告編を読んだような感じ
人は言葉に縛られている
魔王より呼吸の方が好き
↑amazonレビューに対抗するわけではないが、わたしは「呼吸」より「魔王」の方が面白かった。タイトルからなんとなく読みたくて仕方なかった作品がようやく文庫になりました♪予備知識ナシでしたが、裏表紙の紹介文があまり興味をそそらなかったので、こんなに読むのが遅れてしまいました。しかし、そこは伊坂幸太郎。いざ読んでみると、期待に違わず、面白い。

自分の思うとおりに他人に言葉を発せさせる、そんな不思議な能力にある日突然目覚めた安藤。強い口調に革命風を吹かせた政治家・犬養に興味を覚え、興味は漠然とした恐怖へと変わり、自分の不思議な力を持って安藤は犬飼へ近づく。
政治家・犬養の強い言葉に惹かれて沸く人々、その集団を見て恐怖を覚える主人公の気持ちはわからなくはない。人は集まる事で強い気持ちになり、それが間違った方向に向いた時、恐ろしい結果が予想されて恐怖する。例えばメディアの恣意的な報道を見ると、なぜ、と思うこともよくある。この作品は違うけれど、そういう事へ警鐘を鳴らすような作品だったのなら面白くはなかっただろう。たとえ、共感できたとしても作者の意図が見え見えな時点で私には興ざめだ。

あとがきで作者が書いているように、政治的な意図や思想について書かれたものではない。時代に流されないよう必死で何かにしがみつき、何かを心に定めると真っ直ぐに突進するような若さ、青さ、愚かさがいい。

印象的なシーンは、冒頭の地下鉄の中での出来事。彼が自分の能力に初めて気づいた瞬間だけれど、席を譲る譲らない、譲るならそのタイミング等、地下鉄に乗ると誰もが一度は感じた事、または見た事のある光景。それらの普段感じるような微妙な空気や空間を舞台に、主人公の能力が披露されたことが面白い。

不思議な能力を持ってしまった事は非日常的な出来事だが、冒頭の地下鉄での出来事をはじめ、TVを見て選挙について思う事、会社での出来事、同僚とのデート、家族との生活などすべて若い会社員のごく普通なもの。しかし、考え方や感じ方、青臭いような意見や行動が伊坂幸太郎の作品によくみられるもので、らしさが出ています。何でも考え過ぎと言われる安藤が行き着く先も、本当に伊坂幸太郎っぽいもので、作品の良し悪しや安藤の意見に対しての可否については別にしても、まあ満足。

JUGEMテーマ:読書
2008.11.07 Friday 22:23 | posted by ソラチ
・ 伊坂幸太郎 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2010.04.07 Wednesday 22:23 | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -
<< 陰陽師 瘤取り晴明/夢枕獏 | main | 法月綸太郎の冒険/法月綸太郎 >>
Comments








Trackbacks
http://lovetom.jugem.jp/trackback/410
考えろ 考えろ
小説「魔王」を読みました。 著書 伊坂 幸太郎 特殊能力、ファシズム、考えろ メッセージ性の高い作品といえます ちょっと 今までの類とは違う、伊坂作品といえますね とはいえ 台詞などらしさはありましたが とはいえ 好み...
| 笑う学生の生活 | 2010/11/30 1:15 AM |
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)