ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

行きずりの街/志水辰夫

評価:
志水 辰夫
新潮社
(1994-01)
懐かしいバブル絶頂期の東京
主人公に魅力なし
全部主人公のせい?
かつて私には、ハードボイルドは大嫌いだ、と公言していた恥ずかしい過去がありましたが、高村薫、北方謙三、稲見一良、佐々木譲などの作家、作品に出会って前言撤回。今ではハードボイルド大好きです。しかし、久々にうわーっと思った作品が今作。これはキビシイ。この作品をひと言で言い表すなら「男の夢」、こういうハードボイルドは本当に苦手だ。

十数年前、生徒との結婚がスキャンダルとなり教職を追われ、田舎で塾の講師をしていた波多野は、行方不明となった塾の教え子を探して再び上京する。そこで待っていたのはかつて自分を学園から追放した人間たちだった。

↑のamazonレビューも結構厳しくてびっくりですが、有名タイトルなのでとても期待していたのです。しかし、上記の通り、主人公の魅力がない。登場する女性は全て主人公に惚れていて、暴力沙汰も多く書かれて、最後には主人公が暴力で勝利する・・みたいな。教え子を保護し、教師としての信頼を取り戻し、悪を滅ぼし、愛も取り戻す。アメリカ映画の主人公のようでした。確かアーノルド・シュワルツェネッガーの「トゥルーライズ」が失った子どもの信頼と妻の愛を取り戻す作品だった気が・・。

どうして主人公なのに格好良いと思えないのか。例えば同じハードボイルドでめちゃくちゃ格好良いのが北方謙三の「三国志」。北方三国志の中でぶっちぎり格好良いのが張飛でした。美形の男前なら周瑜だったり、イメージ的には趙雲だったり馬超だったり別のキャラクターがいますけど、張飛が格好良く書かれているのは多分北方三国志が一番。張飛には美女とは言えない奥様がいて、しかしその奥様との愛もめっちゃ羨ましいものだった。張飛が格好良かったのは、彼の生き方が格好良く書かれていたことと、周囲に居る人間や彼に関わる人間が、張飛を好ましく思っていたからだ。一方、今作では、教え子との恋愛の賛否を無視したとしても、彼の生き方が格好良いと思えないし、女性たちが彼を愛する理由もわからないし、彼を評価する人間も少ない。居てもその理由がわからない。結局のところ共感できない部分が多かったのか。

物語は、行方不明の教え子の後ろに見え隠れする男が誰なのか追ううちに、かつて在籍した学園を巡る大きな事件に行き当たる。アクションあり、ミステリあり、恋愛要素ありで設定なら文句なしに面白いと思うのですが。。。何か別のメディアで、別の人間が演出したものでみるとまた違うのかもしれないと思いました。映像化とかされているのかな。

JUGEMテーマ:読書
2008.10.28 Tuesday 00:03 | posted by ソラチ
★さ行の作家 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2010.04.07 Wednesday 00:03 | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -
<< 少し変わった子あります/森博嗣 | main | 神々の遺品/今野敏 >>
Comments
こんにちは。
手厳しいですねぇ。でも皆さんそんな感じで厳しい評価のこの作品、実は自分は読んだことがないんです。でもソラチさんのいう別メディア版はあるんです。
2時間ドラマで水谷豊さんがやっておいででしたよ。そちらはそれなりに見れました。
2008/10/28(Tue) posted by 樽井
こんにちは!!
水谷豊さんですか。TVドラマだったら面白い演出で楽しめるんだろうなあと思いました。ハードボイルド嫌いじゃないんですが、今作は相性が悪かったのか楽しくは読めなかったのですが、設定やストーリー自体は悪くないと思うので、2時間ドラマ、再放送などで機会があれば見てみたいです。
2008/10/28(Tue) posted by ソラチ








Trackbacks
http://lovetom.jugem.jp/trackback/403
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)