ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

ゆめつげ/畠中恵

評価:
畠中 恵
角川グループパブリッシング
¥ 580
(2008-04-25)
Amazonおすすめ度:
幕末の神官
ちょっぴり辛口、でも楽しい
ファンタジーながらに濃いお話
書店で見つけてラッキーな一冊。文庫派なので、ハードカバー情報は軽くスルーしていました。しゃばけシリーズ以外の作品も書かれているのは知っていましたが、シリーズ外を読むのはこれが初めてです。

小さな神社で神官を務める兄弟。兄は「夢告」が得意だが役に立ったことがない。しかし、ある大きな社の神官から「夢告をして欲しい」との依頼がやってきた。5年前に家事で行方不明になった大店の息子を捜して欲しいというもの。礼金でなんとか神社を補修したい・・そんな気持ちで占いに出向いた先で二人は大きな事件に巻き込まれる。

冒頭、辻斬りに追いかけられるシーンで始まりますが、この時代(江戸です)は、辻斬りがまるで交通事故のような確立でありえることだったんだろうか。行方不明になった子供を捜す夢告が、いつしか辻斬りに追われて逃げる展開に変わるのは結構びっくり。兄弟ふたりの持つのほほんとした雰囲気とは別に、物語がどんどん緊張感溢れてゆくのは予想外でした。

設定もキャラクターもとても面白いけれど、ラスト、とても大風呂敷ひいてしまって大丈夫?という気もするようなしないような。「夢告」をする度に血を吐いたり死にそうになる兄者も、読書中は本当に心配で心配でおどおどしながら読んでいたんですが、今、冷静に振り返るとちょっと面白い。病弱な若旦那に、瀕死で占う神官。健康優良児を絵に描いたような主人公は、作者の好みじゃないのでしょうか(笑)。

この作品、本当に設定は面白いのに、命が尽きそうになる占いだけがとても残念でした。これでは先が持たないではないですか。せっかく良いキャラクターたちなのに、その設定だけで、シリーズ化できないだろうと思えて。これはシリーズで読みたいのになあ。

JUGEMテーマ:読書
2008.07.12 Saturday 19:50 | posted by ソラチ
・ 畠中恵 | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2010.04.07 Wednesday 19:50 | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -
<< 震度0/横山秀夫 | main | 奪取/真保裕一 >>
Comments
こんばんは。
文庫だったので、ソラチさんのことがすぐ浮かんでうかがいました。
面白かったですね。
ほんと、健康優良児な主人公は、好みじゃないのでは?って思いますよね(笑)。
せっかく続きを読みたいのに(笑)。

トラックバックさせていただきました。
2008/08/22(Fri) posted by 藍色
こんばんは!!
結構まめに出版社の刊行予定見ているんですが、たまに書店でお目当ての作品に出会うと嬉しいです。畠中恵で時代物でしたら即買いですよ!文庫でですけど。今作はしゃばけシリーズとの意外な共通点に嬉しくなりました。

そういえば、しゃばけシリーズ新作も出ていましたね。ハードカバーなので実際に読めるのはまだまだ先ですね。。。
2008/08/23(Sat) posted by ソラチ








Trackbacks
http://lovetom.jugem.jp/trackback/362
ゆめつげ 畠中恵
ゆめつげ (角川文庫 は 37-1)(2008/04/25)畠中 恵商品詳細を見る カバーイラストは三木謙次。カバーデザインは鈴木久美。単行本の文庫化です。 江戸...
| 粋な提案 | 2008/08/22 2:32 AM |
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)