ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

いたいけな瞳 2/吉野朔実

評価:
吉野 朔実
集英社
---
(1991-11)
小学館文庫で読んだのですが、集英社版だとamazonで画像があるのでこちらで。収録作品とか違ったらごめんなさい。しかもamazonレビューがないわ。というわけで吉野朔実傑作短編集「いたいけな瞳」第二巻です。今回は恋愛に関するお話が多いみたい。ちょっと残念だけど、吉野ワールド全開なのでまあいい。しかも表紙以外は相変わらず古い絵なので随分と前の作品なのでしょう。時代はあえて確認するまい。

第一話「橡(つるばみ)」は親の再婚により年齢の近いしかも多感な時期の男女が兄妹になってしまう。メインはまあ互いがどう思っているかという心の動きなんでしょうが、この話の結末は吉野朔実の作品では比較的多く見られる終わりで嫌いではない。現実はこんなものだ、実際にそんな常識はずれな展開にはならないものなのだ、と嫌というほど現実をつきつけられる。本当にこういうドライなストーリー展開は嫌いじゃないです。夢はないですが。

第二話「Give Me Shellter」、実はよくわからなかったんですねえ。どこまでが現実でどこまでが本当なのだ。これ、岡嶋二人の名作「クラインの壺」からヒントを得た作品ならば面白いなあと思いながら読みました。実際にはそんなことないんでしょうけど、クライン〜のラストシーンが、今作のシェルターの中から空を見上げる様子と近いイメージがあったもので。

第三話「ささやかな不幸」は結婚式途中に暴かれる色んな秘密や色んな関係。それはもう渡る世間は鬼ばかり並みに激しいドラマ展開でした。何も結婚式当日にここまで滅茶苦茶な事にならなくてもいいのにな。第四話「ローズ・フレークス」は学校の先生が自分の姉と結婚してしまった。そんな現実に戸惑う女子高生の想いを描いた話。第五話「本物の贋物」は、妊娠したと主張する弟と贋作を描き続ける姉の物語。もっともっと重い話にできそうだが、実のところ重い話なんだろうけれど、吉野朔実の手にかかればクールに読めるわけで。意外と楽しめました。

最後は、一応ミステリにカテゴリされるのか。ホラーなのか。ある作家が、友人を殺害してその作品を奪う「月の桂」。まあ、ストーリー展開だけ追えばありきたりな作品なのかもしれないが、紡がれる言葉、使われる例え、そしてこころの移り変わり全てが吉野朔実ならではの不思議さ、クールさでまあいい感じなのです。幻想的なミステリを吉野朔実の手によって漫画化されたら絶対売れるだろうなあとも思いました。ここまで有名作家だとオリジナルで勝負するのでしょうが、原作・有名作家、画・吉野朔実のようなコラボレーションも楽しみたいなあ。
2007.06.06 Wednesday 01:06 | posted by ソラチ
・ 吉野朔実 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2010.04.07 Wednesday 01:06 | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -
<< 小説こちら葛飾区亀有公園前派出所 | main | となり町戦争/三崎亜記 >>
Comments








Trackbacks
http://lovetom.jugem.jp/trackback/275
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)