ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

かまいたち/宮部みゆき

評価:
宮部 みゆき
新潮社
¥ 540
(1996-09)
読み甲斐のある短編ぞろい
お勧めです!
不思議な後味。

最近読んだ本はどれもアタリな気がします。★4つ以上が多いし。amazonレビューの「不思議な後味」というのはちょっと意味がわからないけど、ハズレがない宮部時代もの。期待通りのクオリティでした。表題作の「かまいたち」をはじめ、「師走の客」「迷い鳩」「騒ぐ刀」の4作からなる短編集です。

まずは一話目。“かまいたち”と呼ばれる辻斬りが横行する中、戻らない父を迎えに行ったおようは辻斬りを目撃する。急いで番屋に駆け込み、同心を連れて現場に戻るとあったはずの遺体が消えていた。死体消失の謎、かまいたちの正体、目撃者・おようの身に迫る危機などサスペンス色たっぷりのミステリです。かまいたちの正体については、そういえば似たような話が京極夏彦「巷説百物語」の中にあったなあと思いながら読みました。死体消失のような設定は大きく違いますけど。この作品は短編じゃなくても良かったかも。長編として書かれても遜色ないくらいにキャラクターが良かった。シリーズで読みたい。次回は大岡様付きで。

二話目「師走の客」は本当にお見事な短編。年に一度、逗留する商人。彼は宿賃の代わりに高価な干支の細工ものを置いてゆく。話の短さも内容も丁度良く短編としては非常に面白い。ただトリックがちょっと微妙かもと思ってしまいました。私は宮部時代ものにはミステリ度よりサスペンス性を求めているらしい。

三話目「迷い鳩」、四話目「騒ぐ刀」は、不思議な力がある事がわかったお初の捕物帖。これっておそらく講談社の“霊験お初”のシリーズでは??作者によると初期に書かれた作品らしいんですが、それでもこれあのシリーズでしょう。講談社版ではお初以外の名前がうろ覚えなんですが、お初が不思議な力に目覚める様子が書かれていてファンにはたまりません。思いもしなかったところで大好きなシリーズのキャラクターに会えるなんて。それだけでも読んだ価値がありますね。

「迷い鳩」は、ある商家の女性の裾にべっとりついている血がお初にだけは見えた、そんな不思議から始まるミステリです。十分な面白さですが、ある刀鍛冶の弟子2人が作った刀を巡る「騒ぐ刀」の方が好みです。スリルがあって、大立ち回りもあってしかし温かさやドラマもあってドキドキしながら読める。宮部時代物の真骨頂ですね。またお初に会いたくなり、霊験お初のシリーズを再読したくなりました。
2007.05.29 Tuesday 23:15 | posted by ソラチ
・ 宮部みゆき | permalink | comments(6) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2010.04.07 Wednesday 23:15 | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -
<< 夜のピクニック/恩田陸 | main | そして五人がいなくなる/はやみねかおる >>
Comments
ソラチさん。こんばんは〜。宮部作品も、読まれてるんですね。「かまいたち」は、面白そうですね。ベストセラー作家だけど、時代物語を書かれる作家のイメージが有るから、僕はなかなか手が、伸びません。「理由」朝日文庫は、面白かったですが…。ソラチさんも読まれてますか?話は変わりますが、僕は京極作品は、作風が島田作品に似てると言う話を聞くんですが、どうなんでしょうか?僕は京極作品を読んだことが無いから、凄く気になります…。じぁまたo(^-^)o
2008/08/24(Sun) posted by いくおちゃん。
こんにちは!!宮部作品は最近はもっぱら時代物ばかりで、昔の作品以外は現代小説は読んでいないですね。「理由」も未読なんです・・。時代小説は非常にクオリティが高くどれもオススメですが、現代小説になると、好みと微妙に合わなくてなかなか手が出ないのです。

ちなみに京極夏彦は大好きですよ!!島田荘司とは似ていると思わないですが、京極夏彦の方が緻密な感じがします。島田先生はパワフルな力技トリックが何より魅力的ですし。京極作品、未読であればぜひ。
2008/08/25(Mon) posted by ソラチ
ソラチさん。こんばんは〜。京極作品是非読んでみようと思います。この作家さんは、作品のタイトルがなんか凄いですよね。最初ホラー作家さんだと思ってました…。本屋さんにいっても、京極コーナーというのまであって、凄いなと思います。それに引換 島田御大は、その作品を見つけるのも難しい状態です。寂しいです。°・(>_<)・°。じぁまた。
2008/08/25(Mon) posted by いくおちゃん
こんばんは!
京極夏彦の講談社ノベルスのシリーズは、苦手な人は苦手かもしれません。わたしよりずっと本読みの友人も文体を嫌がって読んでくれませんし。でも、しっかり挑むと本当に面白いんですよね。機会がありましたらぜひ。
2008/08/30(Sat) posted by ソラチ
こちらにもトラックバックさせていただいてました。

サスペンス色が強くて、読み心地もよかったです。
2009/06/03(Wed) posted by 藍色
TBありがとうございます。
宮部時代モノは未読作品がまだまだあるので、楽しみです。
2009/06/05(Fri) posted by ソラチ








Trackbacks
http://lovetom.jugem.jp/trackback/269
かまいたち 宮部みゆき
歴史文学賞入賞の表題作をはじめ時代ミステリーの秀作四篇を収録。 ミステリー界のホープが放つ待望の時代小説集第二弾。 時代小説ですが...
| 粋な提案 | 2009/04/07 4:47 AM |
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)