ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

ネバーランド/恩田陸

評価:
恩田 陸
集英社
¥ 540
(2003-05)
懐かしの高校生活・・・
まだ青くてかたい果物
消化不良

舞台は伝統ある男子校の寮。冬休みでみな帰省する中、帰省せずに居残りする3人と近所に住む1人の少年たちの物語。それぞれ秘密を抱えて、時に告白し合ったり、合宿のような生活の中で友情を育むわりと健全な小説でした。

表紙から連想するのが映画「スタンド・バイ・ミー」、雰囲気はあんな感じですが、もう手が届かないノスタルジーを全編を通して感じられ、非常に好ましく羨ましい感じです。若いってスバラシイ。

自分では平々凡々な学生だと信じている主人公の美国、綺麗な顔でクールな光浩、ストイックで心の強い寛司、軽くふざけた印象の多い統(サトル)の4人が魅力的。1話ずつ彼らの抱えている謎をテーマに話が進み、最後の統の秘密はびっくりでした。読書前はきっと彼ら4人で冒険をしてひとつの事件を巡る物語なんじゃないかと勝手に想像していましたが、全く違う。4人の少年の、それぞれの抱える秘密を少しずつ消化しながら、激しい展開もなく、穏やかな気持ちで収束する、そんな読後感です。

4人どれも素敵なキャラクターなんだけれど、主人公の美国に対して友人どもが「お前はすごいのに自覚ないんだ」みたいな事を時々言うわけです。しかし、美国というキャラクターの何がすごいところなのか明確にされていなかったのでわかりにくい。結局彼の持つ人が羨むような要素はなんなんでしょう。頑なになった周囲の人間の心を解すような癒し系要素はもっているっぽい。でも一番素敵なのは名前ですね。少年の幽霊の話や彼が亡くなった真相も死因も結局は想像するしかなくて、しっかりとした答えが出されていない。でも普通に生活している限り日常に謎は多数ありその全ての答えを知ることなんてできないので、答えがでないままでもいい気がしました。

青春モノは嫌という人でも、それぞれの秘密や謎は面白いと思うので「くさい友情!!」と顔をしかめることなく読めると思います。彼ら4人のその後もとても読みたい。きっと次は学生ではなくなっているかもしれないけれど、どういう大人になってゆくのかその後が読みたくなる作品でした。
2007.03.22 Thursday 01:07 | posted by ソラチ
・ 恩田陸 | permalink | comments(3) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

2010.04.07 Wednesday 01:07 | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -
<< 仔羊の巣/坂木司 | main | 動物園の鳥/坂木司 >>
Comments
美国って素敵な名前ですね 話の詳細かなり忘れてるんですが、たしかに主役なんだって言う普通だから良しなのだ!みたいなんじゃなかったでしたっけ(すごいいいかげんコメント)脆く、そして強く、大人のような少年のような、素敵すぎる感じはあるんですが、素直に良いな〜と思いました
2007/03/23(Fri) posted by きりり
しまった書き忘れた! ソラチさんも、まだ1年とかなんですか?ビックリ!長くやってるような気がしてましたよ(勝手に)
2007/03/23(Fri) posted by きりり
懐かしいような羨ましいような作品でした。もっと深く読みたいとも思うんですが、これでいいのかなという気もします。こういう学園モノ結構好きです。
そういえばこのブログは1年なんですよー。3/22かな?気がついたら過ぎてました。。記事数が圧倒的に少なくて1年という感じがしないですが、今後ともよろしくおねがいします!!
2007/03/23(Fri) posted by ソラチ








Trackbacks
http://lovetom.jugem.jp/trackback/240
ネバーランド
日本でも有数の歴史ある進学名門高校とその寮。人里離れた松籟の音が絶えない田舎にあり、築30年以上経った木造2階建ての寮、松籟館を舞台に、クリスマスと正月を挟んだ2週間の冬休みに家に帰らず寮に居残った高校2年17歳の3人の寮生と、一人住まい故毎日3人のところに
| 本を読もう | 2007/04/16 8:29 AM |
ネバーランド
ネバーランド (集英社文庫) 恩田 陸Amazonランキング:21164位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 評価:★★☆☆☆ 大人はみんなそうだ。全てが終わってから、俺の知らないところでやりたいとを全部やってから、許
| のほほんの本 | 2009/04/10 11:37 PM |
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)