ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

アヒルと鴨のコインロッカー/伊坂幸太郎

評価:
伊坂 幸太郎
東京創元社
¥ 680
(2006-12-21)
Amazonおすすめ度:
伊坂幸太郎の作品を読むとき、前情報は一切ナシで、それでも絶対ハズレないだろうと思って読みますが、やっぱりハズレないんです。タイトルからずっとずっと気になっていた「アヒルと鴨のコインロッカー」、人やタイトル、セリフ、テンポ全てとにかくセンスがいい。若い作家が書いた作品として舞城王太郎と比較してみると、舞城は新鋭作家のハイエンドで苦手な人にはとことんダメという際物の印象があるけれど、伊坂幸太郎は根底に流れる綺麗さが絶対にあって80点オーバーを常に取ってくるスラッガーのよう。今までの伊坂作品の中でも一番の出来ではないでしょうか。吉川英治文学新人賞受賞作ですが、これは受賞して当然の作品。

大学の入学準備で引っ越してきてすぐ、僕は隣人の河崎から書店強盗に誘われる。狙うのは広辞苑1冊だけ。結局僕は2日後に書店の裏口でボブ・ディランを歌いながらドアを蹴っている。そんな僕と河崎、ブータン人のドルジとペットショップ店員の琴美のちょっと切なく温かい物語。

2年前と現在を順々に辿っていく二重構造。しかし、その中にも連続ペット殺しの顛末や、鍵のかかった部屋から教科書だけが盗まれた謎、野良猫の尻尾に結ばれたくじの謎。それらのミステリーもポイントポイントで効果を発揮。「陽気なギャング〜」より伏線が上手く回収されているような。どちらが先に世に出たのかはわからないですが。そして今回も冒頭から「強盗」あり。伊坂作品ってひそかに強盗率(?)高くないですか?

メインとなる4人(実際は僕と3人というスタイル)は、決して恵まれている環境ではなくそれぞれ不幸せを背負っている、しかしそれを不幸せとして捉えず、淡々と彼ら彼女らの今を生きているところに、静かに感動します。思いっきりドラマチックに描くこともできるだろうに淡々と描くところに良さがあるんですね。読了した人にしかわからない感想ですが。

一番気になるタイトルの「アヒルと鴨」。文中では「アヒルと鴨の違いって?」みたいな感じで登場しましたが、森博嗣S&Mシリーズの「オットセイとアシカの違い」を思い出しました。あれは面白かった。コインロッカーがどこに登場するかは未読の方は読んでからのお楽しみということで。そのコインロッカーが登場するシーンはこの作品の中でも一番「うわー」と思ったシーンです。嫌な意味ではなく物語のクライマックス。読了直後、もう一度そのページを開いて見てしまいました。キャッチコピーの「神様を閉じ込めに行かないか?」まさにそのシーン。素敵です。

この作品、映画化されるようですが、映像化したくなるような名シーン、光景が沢山あります。しかし実際どうやって映像化されるのか気になるような見たくないような。それぞれのキャラクターがしっかり確立しているので、それがもし自分のイメージと違って登場したらがっかりするかもしれない。
2007.02.02 Friday 09:43 | posted by ソラチ
・ 伊坂幸太郎 | permalink | comments(4) | trackbacks(7)

スポンサーサイト

2010.04.07 Wednesday 09:43 | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -
<< 照柿(文庫)/高村薫 | main | 乱れからくり/泡坂妻夫 >>
Comments
なんでこんなコトをするのかわからない でも読んでいて
なんて素敵な作品だと思う 不思議ですね伊坂さんの本は
映画もどうやるのか、かなり興味ありです 
2007/02/03(Sat) posted by きりり
キャラクターがみないいですよねー。しみじみ素敵だと思いました。幸せな話ではなくても読後癒されるような、続けざまに伊坂幸太郎読みたくなりますが、また間をあけて違う作品読みたいです。映画はどうでしょうね。まずは陽気なギャングの映画版見なければ。
2007/02/03(Sat) posted by ソラチ
これは本当に面白かったですね。
何がどうという理屈抜きに、ただ楽しめる作品という感じ。
映画はどうやって処理するのか興味津々ですが、伊坂さんがなるほど〜そうやって・・・とおっしゃっていたので、楽しみですね。
2007/02/18(Sun) posted by たいりょう
映像としてイメージできてしまうからこそ、結構見る目が厳しくなってしまうかもしれません<映画版。それくらい綺麗だった。賛否両論あるみたいですが、普段ドロドロのミステリを好んで読んでいてこういう話あまり読まないので新鮮でした。たいりょうさんが読まれていた新作も気になりますがとりあえず文庫落ち待ちです。。。
2007/02/18(Sun) posted by ソラチ








Trackbacks
http://lovetom.jugem.jp/trackback/222
アヒルと鴨のコインロッカー
 3年近く前『陽気なギャングが地球を回す』を読んでビックリした。今まで読んだことのないタイプの小説だと思った。  今年になって『陽気なギャングの日常と襲撃』を読んだ。前作ほどの衝撃は無かったが、少し後に文庫化された『重力ピエロ』も読んでみた。まぎれも
| higeruの大活字読書録 | 2007/02/02 10:02 PM |
アヒルと鴨のコインロッカー |伊坂 幸太郎
物語は現在と過去のが展開されている。 過去の物語でも登場して現在も登場している人物がいる。 過去の物語では登場して現在は登場しない、人物がいる。 過去の物語では登場せず現在は登場している人物がいる。 物語の本当の主人公、そして物語の主
| ミステリー倶楽部 | 2007/02/08 3:59 PM |
『アヒルと鴨のコインロッカー』(☆4.7)
[[img(http://img.7andy.jp/bks/images/i8/31302758.JPG)]] {{{ 引っ越してきたアパートで、最初に出会ったのは黒猫、次が悪魔めいた長身の美青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ち掛けてきた。彼の標的は―たった一冊の広辞
| たいりょうのちょっと一息 | 2007/02/18 5:16 PM |
アヒルと鴨のコインロッカー |伊坂 幸太郎
他のレビューにもあるように、途中で結末が見えてしまうひねりのない構成。「ラッシュライフ」を読んだ時にはすごい才能が現われたものだと感嘆したものだが・・・。ここまでは快作の連発だったが正直行き詰っているのでは?「このミス」等の上位は首をかしげる。
| ミステリー倶楽部 | 2007/02/22 8:06 AM |
オーデュボンの祈り
あまりにも突拍子な世界に最初は違和感を感じる。でも読み進めていくうちに徐々にその世界に引き込まれていく。 未来が見えるはずなのに、どうして優吾は殺されてしまったのか?何でもあるように見える島に唯一欠けているものは何か? ストーリーが進むにつれ、生き
| 本を読もう | 2007/03/25 9:20 AM |
アヒルと鴨のコインロッカー
私はこの著者の中で一番初めに読んだ小説でした。 あるふと一件で書店屋を襲うというある意味村上春樹氏のパン屋襲撃とあまり変わらないと初めの方ではそう思っていましたが、読んでいくごとに凄くスピード感のある作家だなと思いました、 とてもじゃないですけど古
| 本を読もう | 2007/03/28 6:27 PM |
アヒルと鴨のコインロッカー 伊坂幸太郎
引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。 初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ち...
| 粋な提案 | 2009/02/16 6:11 AM |
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)