ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

みぃつけた/畠中恵

評価:
畠中 恵
新潮社
¥ 980
(2006-11-29)
親子で楽しめる絵本
大人向けの「しゃばけ絵本」
是非子供向けの絵本に!

「しゃばけ」シリーズを文庫で読んでいる人は世の中に大勢いると思いますが、この「みぃつけた」は文庫読みへの挑戦か!!と思われるような新作です。まず、絵本だし。絶対文庫化しないし。しかもサイズはハードカバーサイズだし。考えたな、新潮社。これで、やっぱりハードカバーで集めようと思ってしまう人も多いでしょう。。。。。。そういうわけで、「しゃばけ」シリーズの最新作の絵本を購入しました。933円と良心的なお値段ですが。

絵本なのでお話の内容は短すぎて書けないのだけれど、若だんなが5歳の頃のお話です。本のカバーを取るとなかなか素敵な装丁です。取らなくても可愛いし。柴田ゆうさんのイラストがとてもいいですが、シリーズファンとしては、あの妖怪やこの妖怪を挿絵の中に探すのも楽しい。「しゃばけ」では、5歳の頃に佐助と仁吉と出会っていて、昼間に妖と会うのは初めてみたいな書き方をされていた気がしますが、これは佐助や仁吉と会う前なのかな後なのかな。ともだちに関する話なので前だとは思うのだけど、かわいい話なのでまいいやという気もします。作家さんと挿絵画家さんの生年が紹介されていましたが、畠中恵さん、もっともっと若いと思っていたのでびっくりでした。

そういえば、「ねこのばば」にもあったけれど、家鳴のカレンダーの応募券が帯についていました。あまり切り取りたくないけれど送ってみてもいいかも。
2006.12.08 Friday 08:33 | posted by ソラチ
・ 畠中恵 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2010.04.07 Wednesday 08:33 | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -
<< 上高地の切り裂きジャック/島田荘司 | main | 『このミステリーがすごい!2007年版』と『本格ミステリ・ベスト10 2007』 >>
Comments








Trackbacks
http://lovetom.jugem.jp/trackback/196
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)