ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

ぬしさまへ/畠中恵

評価:
畠中 恵
新潮社
¥ 500
(2005-11-26)
☆5つ
前作に増して軽快、愉快♪
魑魅魍魎好き

「しゃばけ」の続編で、病弱な若だんなと妖怪たちが活躍する時代ミステリ。今回は短編集です。

仁吉宛てに恋文を出した娘が殺害される。仁吉が容疑者に?「ぬしさまへ」、栄吉が作った菓子を食べて亡くなった老人。友人を救うべく若だんなが立ち上がる。「栄吉の菓子」、松之助が拾ったビードロが、苦しい奉公の中で彼を救った「空のビードロ」、新調した若だんなの布団から夜な夜な泣き声がする「四布の布団」、若だんなに薬を飲ませるために、仁吉が自身の恋を語る「仁吉の思い人」、気がつくと妖怪たちが一切消え、仁吉も佐吉も人間になっていたミステリー「虹を見し事」の全6作。

前作よりキャラクターが深く掘り下げられていて、不貞腐れる若だんなや過保護な家族・妖怪の面々が楽しい。キャラクターで楽しめるのはシリーズならではの醍醐味です。

どの話も甲乙つけがたく、軽快なノリの話がある反面、「空のビードロ」や「虹を見し事」のようなしんみり、じんわりくる話もあります。特に「虹を見し事」は、病弱な若だんなが何も出来ない自分を見つめ、過保護な周囲に甘えることなく自分の足で立とうとする素敵な話です。
2006.03.09 Thursday 22:16 | posted by ソラチ
・ 畠中恵 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2010.04.07 Wednesday 22:16 | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -
<< しゃばけ/畠中恵 | main | まどろみ消去/森博嗣 >>
Comments
ぬしさまへ は、図書館でたまに見てたんです でもあまり興味わかず....なんとなく借りて読んだら面白くて!ビックリしました 期待してない時に面白いとうれしいですね 
すぐ寝込んじゃう安楽椅子探偵ってある種アバンギャルドなのか、なのに素直で頑張らなきゃとか思うところがかわいいかったりして
2006/11/27(Mon) posted by きりり
過保護な妖怪の気持ちがわかるくらい頑張る若旦那はかわいいですねえ。でもやっぱり私は「しゃばけ」の方が好きなのですよー。これからでも是非一作目読んでくださいな。ちなみに新潮社にしゃばけシリーズの公式サイトありますよー。ご存知かもしれないですが、なかなかラブリーです。
2006/11/27(Mon) posted by ソラチ








Trackbacks
http://lovetom.jugem.jp/trackback/13
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)