ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

クライマーズ・ハイ/横山秀夫

評価:
横山 秀夫
文藝春秋
¥ 700
(2006-06)
不器用なサラリーマン必読。
最後に爽やかな感動に包まれる!中年になったら再読します。
葛藤、そして生き様

最近、本が読めない――などと思っていても、いい作品はひとたびページを捲ると止まらないようです。
横山秀夫の『クライマーズ・ハイ』。通勤用と思っていたのに一気に読まされました。ひとこと、最高!!

部下を死なせてしまった過去をもつ地方紙の記者が主人公。役職を拒み、万年遊軍記者として記者人生を全うする。そんな記者人生の中で覚えた登山。同僚である友人と谷川岳の難所に登山を決めていた矢先、未曾有の航空機墜落事故が起きる。全権デスクとして指揮を執ることになった彼の記者人生と、時を経て難所に挑戦する心境を描いた傑作。これは傑作でしょう。

例えば大事故、大事件が起きた時の新聞社・編集部の様子なんて部外者の私には想像もつきません。臨場感、緊張感溢れる描写の真偽も判断できない。それでもそんなことどうでも良いくらい、その場に居合わせた新聞社社員は人間らしく、様々な人間が色濃く書かれていた気がします。著者自身が新聞記者だった、リアリティの裏づけは私のような素人にはそれだけで十分。

事件に関わる人たちに出会い、感動し、その想いを周囲の反対やハイリスクを顧みずに貫き通す。一般的には、一見格好良いけれど賢くはないそんなスタイルも嫌味なく書かれていました。硬派でハードボイルドも悪くないと思えます。ともすればありきたりな結末と思われがちな流れだけれど、悠木和雅というひとりの記者の思いや人間性が本当に伝わってきて、これはこれでいい。

格好いいおじさんといえば、福井晴敏『川の深さは』はうそ臭さがあったなあとか、高村薫は色気や余裕があるなあとか感じますが、横山秀夫の書く中年は嫌味なく受け入れられるから不思議。前も書いたけれど文章の硬さも大好きです。本当に新聞記者出身なのか。新聞記者といえば、かつて私が出会った新聞社の人間は、新聞記者を志すことを一瞬で止めたくなるような人ばかりだったので、こんな主人公みたいな記者いるかよ、みたいな疑心もなくはない。けれど、こうありたい、みたいな記者像としては素敵です。

ここまで幾つか横山秀夫を読んできてどれもパーフェクトに好みなんですけど。ここまで面白いとは、正直まいりました。でもこれミステリじゃないな。今月はミステリフェアやろうと思ってたのに。。
2006.08.04 Friday 00:38 | posted by ソラチ
・ 横山秀夫 | permalink | comments(9) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

2010.04.07 Wednesday 00:38 | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -
<< ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い/西尾維新 | main | DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件/西尾維新 >>
Comments
『クライマーズ・ハイ』最高でした。もう、それしか云えない。
横山作品を手に取ったきっかけがソラチさんのブログでしたので、本当にソラチさんには感謝感謝です。
しばらく横山作品にどっぷり浸かってしまいそうな予感です。ソラチさんのオススメ横山作品(どれもこれも素晴らしいみたいなのですが)を教えてください!
2006/09/14(Thu) posted by まじょ。
もう恥ずかしいくらい大絶賛してますね、わたし。今はちょっと頭を冷やすために横山秀夫は自主規制中なんです。まだあまり読んでいないのでオススメなんて心苦しいのですが、今まで読んだ中では「陰の季節」がかなり良かったです。短編ですけど。「動機」も短編ですがいいですね。一番読みたいのは「震度0」なんですがこれは文庫待ちだったりします。絶対わたしはハマりそうですよ、「震度0」。
2006/09/14(Thu) posted by ソラチ
30日にNHKで佐藤浩一がクライマーズハイをやるのがわかったんですが、未読なんです 先読みがいいか後がいいかかなり迷い中 やはり面白いんですね どうしよう.. 変なコメントですいません
2006/09/25(Mon) posted by きりり
!!!

知らなかったです、TV放映。佐藤浩一はいいなあ。見たいけれど、映像化される場合って絶対原作先の方がいいですよ。どんなものでも。森博嗣のカクレカラクリも原作読んでからだと思ってまだ見てないんです。不評だったようで見る気がなくなってきましたが。原作は普段通り面白いんですよね??
2006/09/25(Mon) posted by ソラチ
う〜ん 普段通りとまではいかないかも.. 森度は薄めです 一般受けを考えてだな〜とか思ったけど、それでも甘いよ一般ウケってのはこれよ!って言うのがドラマだったんでしょうか?
森さんの面白さ入門編的なとこがありますね
でもドラマを見たら本は面白かったな..とか思いました
2006/09/26(Tue) posted by きりり
ではやはり、カクレカラクリは本からですね。ドラマ見て余計にネタバレをするよりは本で楽しみたいし。楽しみですが、まずは京極だ!!
2006/09/26(Tue) posted by ソラチ
ソラチさん、こんばんは。

遅まきながら私も『クライマーズ・ハイ』読みました!
横山作品を読むのはこれが初めてなのですが、こんなに自分のツボにはまるとは思いませんでした。
こういう硬めなハードボイルドっぽい文章が好きだったりするので^^
文庫化されている他の作品も読んでみようと思います。
2009/01/19(Mon) posted by みらくる
ソラチさん、こんばんは。

遅まきながら私も『クライマーズ・ハイ』読みました!
横山作品を読むのはこれが初めてなのですが、こんなに自分のツボにはまるとは思いませんでした。
こういう硬めなハードボイルドっぽい文章が好きだったりするので^^
文庫化されている他の作品も読んでみようと思います。
2009/01/20(Tue) posted by みらくる
みらくるさん

横山作品本当に格好良いですよね。それまでハードボイルド好きな要素はあっても公言していなかったのに、横山秀夫の作品に出会ってしまってから読書傾向が一変しました。私もまだ未読の作品が多いので、面白い作品がありましたら、ぜひ教えて下さい!!
2009/01/20(Tue) posted by ソラチ








Trackbacks
http://lovetom.jugem.jp/trackback/121
『クライマーズ・ハイ』 横山秀夫
クライマーズ・ハイ 著者:横山 秀夫販売元:文藝春秋Amazon.co.jpで
| まじょ。のミステリブロ愚 | 2006/09/14 9:25 PM |
クライマーズ・ハイ/横山秀夫
クライマーズ・ハイ (文春文庫)(2006/06)横山 秀夫商品詳細を見る じっくり読むつもりだったのに、読み始めたらあっという間に引き込まれてしま...
| 読書メモ。 | 2009/01/20 12:00 AM |
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)