ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

マルドゥック・スクランブル−The Third Exhaust 排気/冲方丁

評価:
冲方 丁
早川書房
¥ 756
(2003-07)
秀逸なカジノシーン
反吐を吐くだけあってやっぱりカジノシーンは良い
社会背景が分からない3巻

そういえばこの作品はハヤカワ文庫なんですね。ここ数年、国産小説で良い物が出てきている気がするハヤカワ文庫。新刊チェックの巡回先がまたひとつ増えました。さて、マルドゥック・スクランブル第三巻「排気」で一応最終話、スピード感があるのでそれほど長い感じはしないのがいい。

バロットと事件屋二人の逆転の一手ともなる大勝負は文字通りカジノでのカード勝負。目的はシェルの情報を手に入れる事だが、ドクターが描いたシナリオは巧妙なものだった。シェルとの戦い、そしてそれぞれの存在価値を懸けたボイルドとの死闘が始まる。
read more...
2009.05.21 Thursday 18:15 | posted by ソラチ
・ 冲方丁 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

マルドゥック・スクランブル−The Second Combustion 燃焼/冲方丁

評価:
冲方 丁
早川書房
¥ 714
(2003-06)
ヒロインの成長物語として見れば納得
物語の核心を突く二巻
カジノが熱い

前作で、追いつめられてウフコックを濫用してしまったバロット。ウフコックの治療も兼ねて身を隠した研究所に、暗殺者ボイルドが近づく。マルドゥック・スクランブル第二作「燃焼」、劣勢の事件屋二人とバロットが体勢を立て直し、最後の大勝負に挑む。
read more...
2009.05.21 Thursday 16:01 | posted by ソラチ
・ 冲方丁 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

マルドゥック・スクランブル−The First Compression 圧縮/冲方丁

評価:
冲方 丁
早川書房
¥ 693
(2003-05)
人間賛歌を、より激しい呼吸で読ませる小説
SFXばりばりのアクション映画かアニメか・・・
【物語の既視感】

どこかで本の紹介を目にして面白そうだと思い買ってそのまま放置して読むのを忘れていた作品。3冊まとめて買ってあって、ようやく存在を思い出し手に取ったのが先日。読み始めると、自ら血をだらだら流す銃とそれを持つ少女の銃撃戦から始まり、なんとも説明が足りない展開だと思ったところで、ふと不審に思いよく調べたら、手に取っていたのは二巻目でした。。。40数ページは読んでいたのでかなりのタイムロス。「圧縮」「燃焼」「排気」ではどれが第一巻だかわからないし!英語のサブタイトルなんて見ないし!!仕切りなおしてまずは第一巻「圧縮」から読み直し。

家を捨て未成年娼婦をしていた少女を拾ったのは、マルドゥックシティで多くのカジノバーを経営するシェルという男だった。しかし、その彼によって一度は殺された少女を再び救ったのは、ドクターと金色のネズミだった。
read more...
2009.05.21 Thursday 12:58 | posted by ソラチ
・ 冲方丁 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)