ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

蓬莱/今野敏

評価:
今野 敏
講談社
¥ 690
(1997-07)
これは面白い!
徐福伝説と政策
おもしろかった

風邪で寝込んでいるときに速攻読み終えた一作。結局、風邪で二連休をほぼ布団の中で過ごしたんですが、その間に積読本を5冊読めたので、風邪っぴきも悪くない。

昨年か一昨年か、夏の100冊系か何かのオススメ本特集で面白そうだったので買ったはいいが、面白くないっぽい書評を見てしまって寝かせていました。こんな時でもなければ読めないし、読んでみたら予想以上に面白かった!

ゲーム会社を経営する渡瀬は、自社のゲームソフト「蓬莱」を発売しないよう恐喝される。そして開発者が不審死し、様々な手を尽くして発売を妨害される。「蓬莱」は日本を舞台にしたただのシュミレーション・ソフトだが、そのソフトウェアには何があるのか、なぜ執拗に発売中止を迫られるのか。経営の危機に追い込まれた渡瀬は、社員とともに「蓬莱」に隠された謎を追う。
read more...
2009.07.15 Wednesday 23:59 | posted by ソラチ
・ 今野敏 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

神々の遺品/今野敏

山本周五郎賞、日本推理作家協会賞W受賞作らしいです。書店の帯にデカデカと書かれていてつい手にとってしまいました。実際にW受賞したのは「果断−隠蔽捜査2」だと言うことをついさっき知りましたが。これじゃないのか!!帯に偽りありだよ!!コピーによると「これを読まずして今野敏は語れない!」らしい。講談社のシリーズでどうもいまいち相性が悪い気がしてならなかったので、これで払拭できれば万々歳。

アメリカ国防総省ジョーンズ少将のもとに、セクション0の秘密部隊を組織するよう命令が下る。セクション0はオーパーツを研究するという眉唾モノの機関だった。一方、日本で、ひとりの青年が失踪し、ある探偵の下に青年を捜す依頼があった。青年の失踪にもまたオーパーツが関係していた。


一応ネタバレありですので。
read more...
2008.10.28 Tuesday 16:16 | posted by ソラチ
・ 今野敏 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

黒いモスクワ―ST警視庁科学特捜班/今野敏

評価:
今野 敏
講談社
¥ 600
(2004-01)
キャラクターが良いシリーズ。
実際に読み終えたのが1ヶ月以上前なんですが・・・溜まり溜まった読了作品の内容を忘れてしまう前に一気にレビューです!!

近所の書店ではもう何ヶ月も特設コーナーが出来ているSTシリーズ第三作は、舞台がモスクワ。ロシアの捜査当局と情報交換という名目でSTでも出張る訳ですが、出張は百合根と赤城の2名。当然ロシアで大きな事件に当たり、他のメンバーも結局は参戦する事になります。ちょっと無理のある設定かとも思いましたが、事件自体が面白かった。

教会跡の地下室で謎の爆発が起き、ひとりの男性が亡くなる。なぜ彼はひとりで深夜に教会跡へ行ったのか、なぜ爆発が起きたのか。爆発の原因というかネタはどこかで見たことがあると思ったら、なぜか最後まで見てしまったドラマ「喰いタン」でした。。よりによってこのドラマが一番最初に浮かぶとは・・物凄い残念感が・・・。ミステリファンの看板下ろしたくなります。ほかにもあった筈だろうに他に思い浮かばないのがさらに無念です。

このST作品では、爆発のネタは、知っている人はすぐにわかるし、それが最大の謎ではないので、すぐに気がついてもがっかりではありません。なぜ深夜にそこに居たのか野方が謎ですし、ロシアの捜査当局の内部事情も、エンターテイメントとしては楽しめる作りになっています。このシリーズに少し慣れてきたのかもしれないけれど、わりとあっさり楽しめました。ただ、まだシリーズに心動かされるような思い入れはできない。。むむ。

JUGEMテーマ:読書
2008.07.09 Wednesday 13:51 | posted by ソラチ
・ 今野敏 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ST警視庁科学特捜班―毒物殺人/今野敏

評価:
今野 敏
講談社
¥ 650
(2002-09)
ST解散の危機!?
1作目から思っていたけれども、どうも相性が良くない気がします。うちの周辺にある複数の書店で大特集しているSTシリーズ第二作。まだ、なぜ人気なのかわからない。やっぱりシリーズを重ねる毎にキャラクターの深みが増して愛着が沸いてくるとか、きっとファンをひきつける何かがあるのでしょうが、現段階ではそれほど強く執着できないのです。そんな中、佐々木譲や横山秀夫を読むと、ああ、これだ、こういうのが読みたいんだ、改めて強く思いましたので、STシリーズに馴染めないのは、単なる好みの問題ではないかという気がしてきたこのごろ。

実験的に捜査の現場に導入された警視庁科学捜査班、通称STは早くも存続の危機にあった。なんとか手柄を立てなければならない。そんなピンチの状態から始まる本書、変死事件を追ううちに宗教団体にも似た自己啓発セミナーの存在が浮かんでくる。

作品自体は、ST側の物語と、自己啓発セミナーに嵌ってゆく女性と、ふたつの物語が平行して進みます。女性はアナウンサーで、常に周囲を意識して生活し、美しくなければならない、人気であり続けなければならないというストレスに苛まれる。実際のアナウンサーってそんなに大変なのかは知りませんが、そういう強迫観念にも似た思いに囚われている彼女が、怪しげな自己啓発セミナーに足を踏み入れる。そういう設定は面白いですねー。どこで目がさめるのか、どこまで深みにはまるのか、誰が彼女に手を差し伸べるのか。興味のネタは尽きません。

一方、STは、発足したばかりでこれといった成果を挙げていないため、経費削減の対象になりつつあり正真正銘のピンチ。しかし、マイペースなメンバーたちが、落ち込む百合根を更に焦らせるわけです。ただ、焦る百合根にSTの面々がどう答えるかが、見所のひとつですね。まだ、このシリーズに強く惹かれる部分が見つからないんですが、サスペンスという好きなジャンルの作品ですし、何よりシリーズ数が出ているので人気の秘密がどこかにあるのだろうと、もうしばらく読み進めることにしました。自分がどこでこのシリーズにハマるか楽しみです。

JUGEMテーマ:読書
2008.07.09 Wednesday 13:22 | posted by ソラチ
・ 今野敏 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ST警視庁科学特捜班/今野敏

評価:
今野 敏
講談社
¥ 680
(2001-06)
ST,だいすき!
頑張れ百合根さん、ワタシは好きだ(^^;)。
面白かった
近所の書店で大々的にコーナーが作られオススメされていたシリーズ。シリーズものだからハマったら一気に読破してしまうんだろうなあという恐ろしさはありますが、実際に読み終えたのが5/8で、現在まで既に3作目まで読了。微妙にハマったのかなあ。けれど、来月の給料日まではもう本は買わないと心に決めたので、4作目からは来月のお楽しみです。まずはシリーズ1作目。

警視庁で実験的に新設された警視庁科学特捜班、通称「ST(Acientific Task Force)」は、科学捜査を現場に導入するというもの。逮捕権も捜査権もない5人の科学者が現場で難事件に挑む。一匹狼を気取るリーダーの検屍官をはじめ、美少年風の天才プロファイラー、嗅覚が異常に発達した武道の達人、超グラマーでセクシーな地獄耳の女性、化学担当の僧侶。そしてSTを率いるのは気弱なキャリア・百合根警部。STとの連絡員として抜擢された捜査一課の鬼刑事・菊川の計7名がレギュラーとして活躍。一作目なので、それぞれのキャラクターの個性を紹介して、さらに「科学捜査などいらねえ」という風当たりの強さにも負けず功をあげる物語。

中国人の女性が連続して殺害される。共通点は国籍だけだが、捜査をしてゆくうちに外国のマフィア絡みの線が浮かび上がる。しかしSTが目をつけたのは、別のマイナーな線だった。もちろんそちらが本命なんですが、事件自体は面白いけれど、STの面々があまりにも特異過ぎて、「警察小説」のイメージからは随分遠いカンジでした。キャラクターのノリも一歩間違えるとライトノベルにカテゴリされるんじゃないかと思うほど。むしろ、いっそその路線で走った方が気負わずに読めたかなあ。叩き上げで現場一直線の菊川刑事が百合根さんとSTを少しずつ認めていく過程は面白いけれど、ハードボイルドな警察小説として期待して読んだので、ちょっと予想外でまだ愛着が沸くまでに至りません。警察小説なら横山秀夫の方が好みだ。でもSTは人気シリーズのようなので、続けて読んでみようと思います。

JUGEMテーマ:読書
2008.05.18 Sunday 19:46 | posted by ソラチ
・ 今野敏 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

隠蔽捜査/今野敏

評価:
今野 敏
新潮社
¥ 620
(2008-01-29)
読む手が止まらなかった
面白いけど、安易なテレビドラマレベル
面白かった。
ご近所の書店でオススメとうして紹介されていたので手に取った一品。今野敏さんの作品はこち亀トリビュートで一度読んだだけ。それから気になっていた作家だけに、面白くてよかったヨ!!これでハズレだったら泣きそうでした。それくらい、こち亀の短編好きだったし。

東大以外はキャリアじゃない、と平然と言い放つエリート意識、国家公務員であること、警察組織であることにプライドも持ち正義感も強い。警察官僚の竜崎は、警察庁の長官官房に居るエリート中のエリート。こんな嫌な人間が主人公なのか・・と最初は引きましたが、物語が進むにつれて、「変人」と呼ばれる所以の融通の利かなさが明らかになり、いつの間にか好感度アップ。ひとことで言えば“朴念仁”の彼が、警察組織を揺るがす大きな事件に直面する。

タイトル通り、“隠蔽”に対する正義感の揺らぎと、「組織を守るということはどういうことなのか」を問われる物語。彼がどういう選択をするのか簡単に予想がつくものの、物語が走り出す終盤、ページを捲る手も進み、息つく暇もない。

仕事で直面する大きな事件と並行して家庭でも人間性を試されるような事件が発生する。現実に正義感やプライド、職業意識を貫いて成功するのは難しいだろうなと思うけれど、その辺りの演出が、↑のAmazonレビューで、TVドラマレベルと書かれてしまっているのかもしれない。確かに映像化されると陳腐な演出になりそうで嫌かも。小説としては十分面白かったです。

JUGEMテーマ:読書
2008.05.02 Friday 22:41 | posted by ソラチ
・ 今野敏 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)
| 1/1PAGES |
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)