ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

乱れからくり/泡坂妻夫

↑創元推理文庫で読んだのですが、画像がなかったので双葉社版で。

名作と言われている「乱れからくり」ですが、カチカチの本格を予想していたのに思いのほか読みやすいことにびっくり。通勤時にのみ読んでいたので時間こそかかりましたが、実際は2、3時間ですらすら読めそうです。ただ、公共の場で堂々と読むには、いろいろ勘違いされそうなタイトルで、ちょっとはずかしい。。公共の場でのみ堂々と読みきったんですが。

ボクサーを辞めた青年が採用されたのは「宇内経済研究所」、実のところは企業対象の興信所で、社員は女性所長だけ。調査を始めた矢先、依頼人が振ってきた隕石が原因で突然死する。さらに玩具会社の経営者の住むからくり屋敷を舞台に展開する連続殺人。玩具のからくりも物語のからくりもたっぷりの本格ミステリです。

興信所とはいえ企業が対象というちょっとだけ変化球な設定から始まった冒頭。ポップな感じのミステリなのかと思いきや、物語が加速し真相へと行き着くスピード感満点の後半ではまったく印象が異なる。その落差もメリハリがあっていいし、途中で幾度か展開されるからくりに関する薀蓄も飽きずに読める。タイトルの“からくり”も、これでもかというくらい盛りだくさんで、色々なトリックに使われたからくりも派手なものがあって楽しい。特にお屋敷に隠されたトリックは本当に面白い。庭にある迷路もぜひ体験してみたいと思いました。映像化されるなら見てみたいような。むしろ既に映像化されてそうな。

しつこいけれど、泡坂作品とは出会いが悪かったのでなかなか読みたいという気にならなかったのですが、これを読んで印象が変わりました。亜愛一郎の続編もまだ読んでいないし、これから出会う作品が楽しみです。
2007.02.14 Wednesday 14:58 | posted by ソラチ
・ 泡坂妻夫 | permalink | comments(2) | trackbacks(2)

亜愛一郎の狼狽/泡坂妻夫

亜愛一郎の狼狽
亜愛一郎の狼狽
泡坂 妻夫

現代の推理小説ではいわゆる探偵役が事件に関わる事が不自然ではないように、様々な工夫がなされている。例えば主人公が刑事だったり、事件の当事者だったり。シャーロック・ホームズや金田一耕助のような私立探偵が、大きな事件で自由に捜査する立場が現実的ではないからだと思われる。しかしこの亜愛一郎、自ら事件に関わろうとはせず、ぽろっと漏らしてしまうひと言で「こいつは事件について何か知っている!!!」とバレて追求され責められ、おどおどしながら推理の結果を吐かされる。そんな感じです。大立ち回りでも怯えて腰を抜かして気絶したり、謎を追求する探究心は持ち合わせてはいるものの、それに勝る小市民ぶりに好感が持てます。ちなみに職業は雲や石や昆虫ばかりを撮るカメラマン。それも熱心なカメラマンではないみたい。見映えはキレイな顔立ちでこれまた小奇麗なスーツを身に纏い同性から見ても羨ましくなるような美青年にもかかわらず、一瞬後にはああこのひとはいろいろ駄目な人なんだと初対面の人間に断定されるような小物ぶり。これほどまで小市民で弱気な探偵がいただろうか。

「亜愛一郎の狼狽」は亜愛一郎が関わった事件、実に8篇をも収めた小品集です。テロ予告された飛行機の「DL2号機事件」、飛行中の熱気球で起きる殺人「右腕山上空」、傾く欠陥マンションが舞台の「曲った部屋」、高さ38メートルもの巨像の上での射殺事件「掌上の黄金仮面」、タクシー強盗の顛末「G線上の鼬」、童話に隠された暗号を追う「掘出された童話」、原住民の酋長の自殺を追う「ホロボの神」、商店街に撒かれたカーボン騒動「黒い霧」どれも秀逸です。

特に「黒い霧」は、粉末のカーボンによって商店街中が騒ぎになり、ケーキや豆腐など商品が駄目になった店主がキレてバトルになる様子が非常に面白い。さすがにバキュームカーの描写は伝聞だけで済ませてあって安心だけれど、ケーキや豆腐が飛び交う乱闘のすさまじさがコミカルに書かれていて小品集のトリを飾る作品として最高でした。前半作品はまだ亜愛一郎のキャラクターをさぐりさぐり読んでいたので、後半の作品の方が印象的な感じ。「掘出された童話」も暗号モノとしては多分はじめて面白いと思った作品かも。

実は泡坂妻夫作品はこれまであえて避けて通ってきたもので、かつて某書評サイトで大絶賛されていた「しあわせの書」を数年前に手に取ったのが初めて。その時は「何でこんな作品が絶賛に値するんだ!!!」と激昂し、二度と読まない!!と決心したものです。けれども、逆転裁判をはじめ多くの作品でパロディとして使用されていたり、ミステリの世界を知れば知るほど避けて通れなくなってきて、今回ついに一大決心をしての読書です。これで読めなかったらその後に控える「乱れからくり」や「11枚のとらんぷ」には手が出ないかもと思っていましたが、想像以上にクオリティの高い作品群に魅力的な探偵にやられました。亜愛一郎シリーズは他にも出ているようなので楽しみ。ただヨギ=ガンジーはトラウマになっているのでどんなに面白いと言われてもまだ手は出ないかな。
2006.12.18 Monday 15:47 | posted by ソラチ
・ 泡坂妻夫 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)