ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

幻想水滸伝ティアクライス

評価:
---
コナミデジタルエンタテインメント
¥ 2,630
(2008-12-18)
全体的にいい
RPGとして楽しめるゲーム
良作のRPG

実は3月末あたりからずっとのめりこむようにプレイしていました「幻想水滸伝ティアクライス」ですが、ようやく昨日クリア〜!!これは久々に面白かった!幻水1、2まではいかないまでもその他シリーズ作品よりははるかに面白い。

辺境の村にある自警団の少年たちが、遺跡の奥で出会った「書」に触れた事から世界が大きく変わる。今までなかった森や街が出現し、やがて、百万世界という幾つもの世界が存在する事を知る。


ゲームレビューですので、当然ネタバレです。
read more...
2009.04.08 Wednesday 13:04 | posted by ソラチ
★ゲーム | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

ポポロクロイス〜はじまりの冒険 クリアしました♪

評価:
---
ソニー・コンピュータエンタテインメント
¥ 3,200
(2002-06-20)
雰囲気を楽しむゲーム
つまらない
ガッカリでした。。。
「英雄伝説VI−空の軌跡」を友達に勧めた代わりに借りたのが「ポポロクロイス〜はじまりの冒険」でした。続編とあわせて借りたんですが、とりあえずコレ、クリアしたので様々な想いを吐き出していこうと。。。

まず、ファンシー、可愛い系は基本苦手です。主人公は確かに可愛いけれど少年未満の幼子だし。しかし、勧められた事と有名タイトルだったこともあって早速プレイしてみたら、戦闘のロードが長い長い。どんなに気が長けりゃプレイできるんだよ!!というくらい長いんです。いや、ムービー等のロードも長いんだけど、エンカウントしてから戦うまでの長さは過去最悪。これはやる気を削がれます。フィールド歩いても視界は狭いしミニマップがないから迷うしランダムエンカウントでエンカウント率が非常に高いためさらに苛つく。しかし借りたからにはプレイしなくては。弱気ながらも弟を援軍にゲームを進めるが、もういいんじゃない?やめたらという空気になったそんな時、海岸で少女に出会いました。彼女に名前を聞いたら周りを見渡し月を見て「ルナ」のひと言。今のリアクションおかしいよ!!あからさまに偽名だよ!!とにわかに盛り上がるプレイヤー(弟とわたし)。これは少女の正体がわかるまでゲームを進めなくては・・。それだけを糧にクリアしました。まあ、ゲームが思いのほか短かったのも救いでしたが、さぐりさぐり攻略ページを見ながら進めたので、しかも何度も迷ったのでレベルはさくさく上がる一方。推奨レベルより10くらい高く進んでいたらしいので、ステータス異常にもならず攻撃もかわすし楽々クリアでした。しかし、楽な感じがしないのはロードの長さによるストレスのせいだ・・。

かなり序盤の話ですが、パパに話しかけたらなんと前作のダイジェストムービーが・・。前作があったらしいのですよ。知らなかったヨ。しかも明らかに面白そうだよ、前作の方が。ダイジェストムービーは何パターンか見れるのですが、しっかり見てしまったせいで前作ネタバレです。今更できない・・。まあいいか。

で、結局気になっていたルナの正体は、おそらく期待しすぎたせいもあって、あそう、というものでした。オープニングムービーで夢ふくらませ過ぎたよ・・。正体を明かして落ち込むルナに対して「ボクとパプーなんてずっと一緒だよ」と慰める主人公。お前ら出会ったのルナに会った半日前だろう!!みたいなツッコミ甲斐のあるイベントも幾つかあり、こういうの嫌いじゃないです。パプーの告白の方が余程びっくりだった。

続編も実は借りているんですが、どうやら長いらしいのだ。すぐにはやる気がしないので、ほとぼりが冷めたらまたやってみようかと。

最後に・・
お世話になった攻略サイトさん→GAMER'S PARK
公式サイト→ポポロクロイス〜はじまりの冒険
2007.10.22 Monday 15:12 | posted by ソラチ
★ゲーム | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

逆転裁判4プレイレビュ〜

評価:
カプコン
¥ 3,900
(2007-04-12)
逆転裁判初心者にオススメ
前作が懐かしい
キャラにインパクトが
ようやくクリアです、逆裁4。正味3日というところか。DSとセット購入だったので限定版じゃなかったのが非常にくやしいという事を公式サイト見て感じました。ヘッドフォンは別にいらないけど、事典とか動画とかめっちゃ欲しい!! あれ何とか手に入らないかな。

まあ、ゲーム始める前からなるほどくんが再登場することは公式サイト見てわかっていた。しかし、他に誰が出てくるのかわかんないし、双子か兄弟のような美形が登場するのと、真宵ちゃんっぽい少女が登場することくらいしかわかってなかったので、誰が出るんだろう、それだけが楽しみだったのですが。

蓋を開けてみるとシリーズでは3→1→2→4みたいな感じで。シリーズで最高のクオリティを誇る(と思っている)逆裁3「盗まれた逆転」、逆裁1「逆転、そしてサヨナラ」には遠く及ばない。

ルミノール反応や足跡検査のような科学捜査は本当に面白く、また、キャラクターのグラフィックも可愛かったり綺麗だったりして前シリーズに比べてランクアップしているように見えるのですが、全体的にストーリーが浅かったような、雑な印象。クリアして見るととても物足りない。オドロキ君もいまいちパッとしない青年(むしろ少年では?)で、オリジナリティが薄く存在感も薄いような。なるほどくんと比べてはいけないか。ひとつひとつの感想は以下で。ネタバレです。長いです。
read more...
2007.04.19 Thursday 23:39 | posted by ソラチ
★ゲーム | permalink | comments(4) | trackbacks(1)

英雄伝説VI 空の軌跡

評価:
日本ファルコム
凄いゲームです。RPG初心者にお勧め!
二部作
お勧めです。
2月から始めて、読書が大幅に滞る元凶となった「英雄伝説VI 空の軌跡」ようやくクリアです!! いやー面白かった。そして長かった。攻略本・攻略サイトを禁じられて、先にクリアした弟の指示のもとプレイしたので、ネタバレとか全くなく楽しめました。これはかなり好きなゲームかもしれない。幻水好きな人はハマるかと思います。PSP版でも出ているらしいですが、PC版でやりました。PC版の方が画面大きいのでオススメかな。

主人公はエステルという少女。父が連れてきた少年ヨシュアと共に育ち、地域の安全を守る民間の組織で遊撃士としてデビューする。そんな中、遊撃士として一流の父が乗った船が行方不明になる。

父を探して、また正遊撃士になるための修行も兼ねて旅に出る2人を描いた物語ですがRPGなのでキャラクターも増えるし、それぞれの町で出会うキャラクターも、各地でギルドの依頼をこなしながらストーリーが進むシステムも面白い。何より戦闘がつらくない。難易度が適度で、RPGで定番のレベル上げが辛くなかったり、アイテム取りが難しくなかったり、ミニゲームが楽勝だったり。そういうのが楽しみな人には少しだけ物足りないかもしれないけれど、幻水くらいの難易度ががいいや、という人には楽しいはず。

本当に完全ネタバレなしで挑んだので、FC終わった時に、あれ・・終わってない・・続くんかい!!!みたいな衝撃がありました。first chapterとsecond chapterに分かれていたわけですね。確かに全然伏線消化してないし。最後の最後にオヤジのあれではいくらなんでも達成感がないですし。ただ、FC最後の予告編ムービーが非常に良いです。そしてSCのオープニングの曲がとてもいい。音楽は本当にどれもこれもお気に入りです。これはサントラ欲しくなるけれど、FCとSC分かれているみたいで、買うのに迷うところ。

キャラクターである程度ストーリーが読めてしまうけれども、それはまあRPGの王道を行く展開なので非常に満足。サブキャラもほとんどがセリフがあってそれぞれ目的やドラマがあり、それぞれストーリー毎に話しかける楽しみがあり、中でも王都のショッピングセンター前で恋をしていたアントン君とギルバート、レイさんあたりにかなりやられました。アントン君の依頼はホテルでの惨状も含めて満点。同じくアントン君イベント後にギルド2階で斜めになって座っているオリビエも好き。

今後、英雄伝説VIIが出るなら同じ世界観をそのまま使えそうな感じでした。むしろこの世界を使って続編作ってほしい。久々に面白いゲームに出会いました。すぐにでももう一度やり直したいくらい。でも明日からはたまりにたまった読書です。。。
2007.03.05 Monday 22:59 | posted by ソラチ
★ゲーム | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

FF12クリア〜!!

ファイナルファンタジーXII(特典無し)
ファイナルファンタジーXII(特典無し)

ようやくクリアです。
長かった。
しかし、ラスダン短っっ、ラスボス弱っっっ!!!
あれだったら、アルテマとかファーヴニルとかパイルラスタとかキュクレインの方がよっぽど強かったよ。

まず、オンラインゲームを全くやらないのでMMR風なバトルシステムに最初はかなり馴染めませんでした。PS系のRPGに慣れている人はかなりツライと思われる。しかし、バトルシステムに慣れると単純に面白いです。主にアイテム集めですけど。

振り返ると一番面白かったのが、エンサ攻略辺りで、アルクトゥルスを早々にゲットして弱いレベルで強すぎる武器を持った爽快感でしょうか。この時が一番楽しかったかも。他には、何度も死にましたけど大灯台地下がうざかった。そしてヘネ奥がつらかった。バトルは概ね楽しみました。単純に面白い。

魔神竜戦の長さを考えると、裏ボスだろうと思われるオズマだったりヤズマットは挑戦する気にもならないため、魔神竜後、ラスダンへ向かいましたが、あれラスダンじゃない。そしてアレ、ラスボスじゃねえ。あの弱さはFF史上かなり上位にランクインするのでは。そしてボスに時々見られる絶対防御。あれって意味ないでしょー。かなり時間の無駄です。中にはアレイズ2回で防御が解けるものもいましたけど。絶対防御されていたら何をすればいいんだ、というカンジで。ドラクエだったら間違いなく回復なんですが、ボス弱いと回復する必要もないし。。。

アイテムだったりバトルはかなり楽しめたけれど、ストーリーがかなり疎かな感じで色々物足りないです。正直薄っぺらい印象が否めない。エンディングをみた感じでは、途中までのオンドール公爵の手記もあまり意味なかったし、何より、主人公の坊やの存在感薄すぎ。存在価値なさ過ぎ。彼はなんでここにいるの?という疑問が最後まで解消されませんでした。バルフレアは良かったけれど。スタッフロールのイラストも、天野喜孝のイラストでいいのに。。そしてもうひとつ気になったのがキャラクターの衣装。シドの王子様タイツとレダスのショッキングピンクのピチピチパンツ。あれはどうなんだ。

しかし、アンジェラ・アキのテーマソングはかなりいい。エンディングだけじゃなく中盤でも聞きたかったなあ・・。
2006.11.19 Sunday 00:44 | posted by ソラチ
★ゲーム | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

戦国無双2 Empires - 初日

戦国無双2 Empires
戦国無双2 Empires

GAMECITYで予約したので昨日届いてましたが、今日ようやく初プレイ。
三國無双エンパとシステムはほぼ同じですね。
400人以上使えると言う噂でしたが、400人分のオリジナル武将が作られたわけではなく、モブ武将です。戦ムソ2のデータを読み込んでみたものの、特に武将のステータスが引き継がれるわけではないみたい。戦ムソ2のキャラ全てにSTEELさせた苦労がまったくもって報われません。

さて、「九州統一戦」とか「東北統一戦」のように、まずはステージを選んでそこから全国統一に向かう模様。さっそく真田昌幸を探しますがどこにも居ない・・伊達政宗を探しても年齢的に最初から使えるわけではないようす。しかし、戦国時代に真田昌幸いないのってどうよ。きっとどこかのタイミングで使えるようになったりするのか!? わたしは真田家で天下を狙いたいのに〜。

試しに「普通」モードで「東北統一戦」を政宗のいない伊達家でやってみましたが、敵大将の前であえなく敗北しました。「普通」モードはモブではだめなのかー!!!! しかもフツーにモブ武将が“STEEL”していたんですけど。。。どれだけコンプリートに時間がかかるゲームですか。

気をとりなおして、鈴木佐太夫でいきなり天下を狙います。
つまり全国マップの「川中島の戦い」です。
当然、孫市でプレイ。
有名武将だと楽ですね。
「普通」モードではまったく苦戦しません。
近隣の土地をばしばし制圧していると、

「よろず屋がある土地を制圧しました」

というメッセージが。
すげえ。よろず屋!!
読点入れるか、「よろず屋の〜」とかにしてください。まぎらわしい。

とりあえず雑賀衆で全国統一を狙います。
ほんとに全国統一とかできるのか、半信半疑ですけど。
君主変わったりしそうだし、そもそも雑賀の傭兵部隊が天下狙いますか。
どんなエンディングを迎えるのか楽しみです。
2006.11.16 Thursday 16:35 | posted by ソラチ
★ゲーム | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

雀三國無双で奇跡の役満

読書以外の記事は書かないと決めていたのに・・・。
麻雀を覚えて早や2ヶ月あまり。
奇跡の役満・緑一色アガってしまいました!!

緑一色
やったー。
同僚には「あんた死ぬよ」といわれました。
記念にゲームカテゴリ追加。

実は役満3度目で、雀三國無双覚えたての頃に清老頭あがっています。
あとは大三元をフリーの合肥(東一局ルールだった)で。
ビギナーズ・ラック恐るべし。

清老頭の時も今回の緑一色も、場に居合わせた曹仁(どちらも曹仁からあがったわけではない)が、同じコメントくれました。
緑一色・曹仁
確かに鬼だ。

麻雀歴の長い弟によると雀三國無双はイカサマなしなので非常に難しいらしい。
でも役満は出やすいらしい。

しかし、奇跡はあくまでも奇跡であって決して腕が上がったわけではない。しかも側で見ていた弟に言われるがままに切って食ってアガったので自力じゃないし。最近ようやく役牌老一の食いマージャンを覚えたばかりなので、捨て牌読めずに振りまくっています。きっと面白くなってきた頃に戦国エンパが出て雀三國無双はやらなくなるんだろうな。。。ちなみにわたし基本的に賭け事キライなのでリアル麻雀は未経験です。今後もやりません。
2006.08.22 Tuesday 13:25 | posted by ソラチ
★ゲーム | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)