ながし読み日誌

文庫で読書。最近はハードボイルドに傾倒気味です。。
favorite recent entries 2009

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.07 Wednesday | posted by スポンサードリンク
- | permalink | - | -

ほうかご探偵隊/倉知淳

評価:
倉知 淳
講談社
¥ 2,100
(2004-11)
質の高い、真っ当な探偵小説
書けそうで書けないが書いてみたい…
懐かしい…
久々のミステリーランドは倉知淳の「ほうかご探偵隊」自腹でゲットです。それにしてもミステリーランドはやっぱり高いですよ。この作品に2100円・・・なんて金額を考えては読み続けられません。今回はわりと良かった作品なので金額はまあいいかというところ。ミステリーランドは絶対文庫落ちしないだろうから、図書館利用できない人間は買って読むしか手段がない。まあ、講談社BOXよりはずっとコレクター魂を揺さぶられる装丁ではあるので廃刊になる前に揃えてしまいたいです。

ある日学校に言ったら僕の縦笛の真ん中のパーツが無くなっていた。連続紛失事件の4件目である。これまで無くなったのは写生会で描かれた絵が1枚、飼育小屋の鶏、ネコのハリボテ、そして縦笛のパーツ。どれにも共通点が見出せない。クラスで次々に起きた微妙な紛失事件にほうかご探偵隊が挑む。

無くなったものがいまいち価値が微妙なもので、しかも鶏以外は不要物ばかり。共通点が見出せない難事件です。子供目線の展開にもなんの違和感もないし(時々“いささか”みたいな単語が出てきてびっくりでしたが)、聞き込みの相手もそれぞれ魅力的でキャラクターがしっかりわかりやすく書き分けられていました。猫丸先輩のシリーズ読んだ時に思ったけれど、このひと本当に子供目線上手いかも。

事件がシリアスではない内容なので、とりたてて激しいアクションや驚きの展開にはなりませんが、ほのぼのしていてちょっと笑えていい感じ。私の子供の頃に、図書館にミステリーランドがあったら絶対に親にねだっていただろうな。本当にミステリーランドは子供時代に読んでみたかった作品ばかりです。
2007.03.01 Thursday 14:29 | posted by ソラチ
・ 倉知淳 | permalink | comments(6) | trackbacks(3)

日曜の夜は出たくない/倉知淳

評価:
倉知 淳
東京創元社
¥ 777
(1998-01)
韜晦戦術は買えますが
面白いv
しまりのない連作

日本の名探偵と言えば?という問いに対してしばしば名前があがってくる猫丸先輩。未読の私には、どんな先輩なんだ、学生なのか社会人なのか、そもそも誰の先輩なんだ、みたいな疑問符だらけでドキドキして読みましたが、学生時代の先輩後輩というスタイルらしい。30過ぎで職業不明。予想外の展開です。もっと若々しい先輩を想像していた。ただ、特にがっかりというわけではなく、怪しげなアングラ劇から町内会の三味線大会まで興味のあることは何でも触手をのばす変人。分類すると御手洗もしくはホームズタイプらしい。いい設定です。大好きです、そういう人。

周囲に高い建物がないのに明らかに20m以上の高さから落下した遺体の謎「空中散歩者の最期」、明日もういちど会って魔法を見せてくれると約束したおじちゃんの死に向かう少女の「約束」、海で遭難した二人の青年が魔物に襲われる昔話に挑む「海に棲む河童」、観客の前で役者が服毒死する「一六三人の目撃者」、寄生虫館の3階で1階に居るはずの人間が殺害される「寄生虫館の殺人」、ドアを開くと生首が呪いの言葉を吐いた「生首幽霊」、日曜に会う彼は連続通り魔の犯人かもしれない「日曜の夜は出たくない」の7編からなる連作短編集。7編は多い。

前回読んだ「星降り山荘の殺人」は、正直キビシイ出来だったと思うのです。ミステリ的にどうとかではなく面白くなかった。しかし、今回は良い。全体の印象としてはパワーやエネルギーを省いた御手洗シリーズ、いやむしろ北村薫系の静かなミステリでした。掲げられる謎もそれぞれ面白いし。

特に気に入ったのが「約束」の少女とおじちゃん。謎よりも幼い子供の目線がとてもうまく気に入りました。「ミステリーランド」が楽しみになるくらい子供がうまいと思いました。おじちゃんと少女の大切な時間も切ないですし。「海に棲む河童」は昔話の謎を猫丸先輩が解くというもの。非常に面白い謎解きで、これはだいたい予想がついたとしてもつかなくてもいい。このテの昔話や伝承を使った系の話はたまらなく好きなんです。猫丸先輩と一緒に漂流するまでの青年二人のまぬけなやり取りも好ましい。

そして「日曜の夜は出たくない」は、たまというバンドの歌にそんなフレーズがあったなあと思いながら楽しみにしていましたが、歌とは全く違う話でした。北村薫の「空飛ぶ馬」のような読後感。ただオチは容易に想像できますが、がっかり感はほとんどないです。素敵な話だからでしょう。思いつめた主人公が「先輩に相談するしかない」「先輩とは恋仲みたいなものだった」みたいな表現があって、猫丸先輩の元カノ!?と急にヴォルテージが上がりましたが、相談相手は八木沢くんでした。著者はトリックでも何でもない感じで書いたのかもしれないけれど、こんなところでひっかかるような私ではミステリファンとは言えまい。

作品の最後に二編、おまけのような小品がありましたが、解説っぽい内容だったので、実のところあまり読みたくなかったです。謎解きの解説とかあまり関心ないですし。小説については読んだ人間がそれぞれ勝手に感じればいいと思うので、普段は解説もあとがきも読みません。ただひとつだけ、各短編が脇役リレー形式になっているとは気づかなかったので、そう言われたら気になるじゃないですか。はは。何人かは共通の人がいるなあとは思っていたけれど、最初から読み直しですよ。読み直したくなりますよ。ああ。
2006.09.06 Wednesday 20:51 | posted by ソラチ
・ 倉知淳 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

星降り山荘の殺人/倉知淳

評価:
倉知 淳
講談社
¥ 790
(1999-08)
こういう本に騙されるのもいい
ウェルメイドな王道ミステリ
お手軽推理小説

閉ざされた雪の山荘という、警察機関の介入できない状況で展開されるミステリ。こういうオーソドックスな、科学捜査の入り込む余地がない「閉ざされた山荘」や「陸の孤島」のようなシチュエーションはわりと好きです。

他の感想を見ると「衝撃」「驚愕」という言葉が飛び交っていますが、正直それほど衝撃は受けませんでした。初めて読むミステリがこの作品だったらさぞかし衝撃だったかもしれないが。綾辻行人の「十角館の殺人」と並べて語られることが多いですが、十角館は本当に秀逸だった。

私は文庫版で読んだのですが、厚さのわりに淡々と話が進み、盛り上がりが薄く、その分いまいちのめり込めなかった。パロディの元ネタを知っていればまた違う感想があるのでしょうが、もう少し過剰に演出したり、キャラが濃くてもいいのにと思いました。もっともっと面白く出来そうな話です。

ただ、本格ミステリとしてはあまり文句なく、探偵の謎解き部分つまりクライマックスがとても面白い。それ以上に主人公の置かれる立場が始終面白い。

犯人には全然気づかなかったが、騙されたー!!!!という衝撃が感じられなかった。いろいろ物足りない読後感。
2006.04.02 Sunday 07:47 | posted by ソラチ
・ 倉知淳 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |
最近の記事
カテゴリ
検索
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)